ニュース

最新のニュース

RPA共催ウェビナー情報:『UiPath×AI OCR』でDXを加速し、電帳法課題を解決しよう!

今年1月から施行された改正電帳法とRPAツール「UiPath」の活用法を学べるチャンスです!2022年1月改正電帳法の概要と課題の説明を基に、円滑に導入検討できるUiPathとAI OCRを活用したDXプランをご紹介します!RPAと、OCR以外のその他ソリューションと組み合わせることによって、自動化できる業務範囲の広げ方についてもご説明します。

【2/3開催無料ウェビナー】BCP・採用難・SDGs VUCA時代の業界課題に立ち向かう新たな運営モデル 「分散型コンタクトセンター」

分散型コンタクトセンターは、従来の「拠点に人を集める」モデルではなく、人を中心に中小規模の拠点を都市近郊のベッドタウン等にセンターを分散させるモデルです。VUCA時代においての事業継続や、企業にとってのBCP、労働人口減少に伴う採用難、コロナを機に広がる働き方のニーズ多様化など、様々なステークホルダーの様々な課題に対応するための有効な打ち手のひとつになります。本ウェビナーでは、バーチャレクスが提案する「分散型コンタクトセンター」について、その取り組みと有効性をご紹介いたします。

Amazon Connectコールセンター構築PoC支援サービスの提供を開始

コールセンターで必要な顧客チャネルを「Amazon Connect」ベースでご提供し、実運用に近い環境で事前評価をしていただくことを目的とするサービスです。お客様のニーズに合わせて、バーチャレクスで開発した「Connectrek Client(コネクトレック クライアント-テキストチャットにも対応したソフトフォン)」やCRM サービス「Virtualex iXClouZ(アイエックスクラウズ) 」をオプションとして連携し、業務適合性の検証や使い勝手の評価をしていただくことも可能です。

アスクル、電気通信大学、タイムインターメディアが AIによる物流センター在庫配置最適化に向け、協働で実証実験を開始

タイムインターメディアh,アスクル株式会社および国立大学法人電気通信大学と共同で、AI分野における進化計算(遺伝的アルゴリズム)(※1)の手法を用いて、物流センターの在庫配置最適化アルゴリズム開発のため協働で実証実験を開始します。アスクルと電気通信大学が在庫配置に関する最適化アルゴリズムを研究開発し、タイムインターメディアは同アルゴリズムの高速化の実現に取り組みます。

【12/03開催無料ウェビナー】"青本"翻訳社がお届けする「成果に結びつくカスタマージャーニー」とは? ~あるべき顧客アプローチ実践のための作成ステップ~

B2BビジネスでもB2Cビジネスでも、マーケティングや営業など顧客に対するアプローチを考えるにあたり、避けて通りれない「カスタマージャーニー」作成。今後の施策を検討する時に作成する、カスタマージャーニーやペルソナをどのように考えたらいいのか、というお話も最近よくいただきます。本ウェビナーでは、B2Bビジネス向けにフォーカスし、いきなりペルソナ設定からカスタマージャーニーを作成するのではなく、よりその先の成果や数値による効果測定等を見据えた作成方法についてお話させて頂きます。

1  2  3  4