ヒト×テクノロジーでカスタマーサクセスを実現

ニュース

日本初の"カスタマーサクセス"カンファレンス「Success4」にシルバースポンサーとして出展が決定

2019年9月24日

日本初の"カスタマーサクセス"カンファレンス「Success4」に

シルバースポンサーとして出展が決定

~ビジネスモデルが大きく変わりつつあるこの時代の中で、日本企業が成功を手にするためには

何が必要なのか、その答えが集まる ― 12月3日から2日間の開催~


 バーチャレクス・コンサルティングは、2019年12月3日(火)、4日(水)の2日間にわたって東京で開催されるカスタマーサクセスカンファレンス、「Success4」にシルバースポンサーとして出展いたします。


 Success4とは、サクセスラボ株式会社(本社:東京都渋谷区神宮前、代表取締役 弘子ラザヴィ、以下、サクセスラボ)主催の、日本で初めて行われる"カスタマーサクセス"を主題とするカンファレンスです。デジタル時代が求める事業モデル「リテンションモデル」に取り組むために、カスタマーサクセスを真摯に追求する企業経営者、事業責任者、および現場リーダーのためのカンファレンスで、米国からもこの分野のソートリーダーたちが来日し、登壇することが決定しています。


 10年ほど前に米国西海岸で生まれた「カスタマーサクセス」という概念は、米国内においては既に浸透してしつつあり、世界最大規模と言われているカスタマーサクセスのイベント「Pulse」は今年で7回目の開催を迎えました。米国内のみならず世界中の各国からカスタマーサクセスに関わる人たちが集まり、その参加者数は年々増加しています。
参考:世界最大の"カスタマーサクセスコミュニティ"『Pulse 2019』イベント参加レポート 


 また、米国ではビジネスSNSのLinkedInが昨年初めに発表した「2018年最も将来性のある仕事ベスト20」、そして今年の初めに発表した「2019年最も将来性のある仕事ベスト15」のいずれにも、「カスタマーサクセスマネージャー」職がランクインしており、求められるスキル(マネジメント、セールス、カスタマーサービス、リーダーシップ、CRM)や報酬が高く、人気の職種になっています。


 このような米国の現状とは対照的に、日本におけるカスタマーサクセスの認知度はわずか3%という調査結果が出ており、まだまだその言葉すら聞いたことがないという人が大半を占めている状況です。人々の価値観が「所有」から「利用」へと変化し、日本においてサブスクリプション型へのビジネスシフトが始まってきている今こそ、カスタマーサクセスという考え方がますます重要になって来るのです。
参考:「カスタマーサクセス「聞いたことがない」86.3% "カスタマーサクセス元年"はまだ訪れていなかった!?」(*)


 バーチャレクスは、米国で「カスタマーサクセス職のバイブル」と呼ばれている書籍「Customer Success」を、2018年6月に翻訳出版しており、(『カスタマーサクセス ―サブスクリプション時代に 求められる「顧客の成功」10の原則―』)日本国内におけるカスタマーサクセスの啓蒙および認知拡大に力を入れています。今回のSuccess4への出展が大きな追い風になればと考えています。


(*)「カスタマーサクセスに関する調査 調査概要」

・調査方法  :インターネットアンケート
・調査実施期間:2019年3月20日~2019年3月21日
・対象地域  :全国
・対象者   :20歳から65歳の有職者(パート・アルバイト、専業主婦・主夫、学生を除く)1,000人のうち「勤務先でカスタマーサクセスに取り組んでいる部署、または担当者がいる」と回答した334人


本件に関するお問い合わせはこちら>>