• ホーム > 
  • ニュース > 
  • その他 > 
  • 分散コールセンター・在宅コールセンター向けシステム構築サービスをリリース

ニュース

分散コールセンター・在宅コールセンター向けシステム構築サービスをリリース

BCP対策の一環として、危機に備え、柔軟に対応できるシステムの構築を支援

バーチャレクス・コンサルティング(以下「バーチャレクス」)は、在宅コールセンターや、業務拠点を小規模で分散させて運営するコールセンターに向けた、新たなシステム構築サービスをリリースしました。

かねてより柔軟で多様化する働き方に対する関心は高まりつつありましたが、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、「テレワーク」や「在宅勤務」へシフトした企業が一気に増加しました。

これまで管理体制やセキュリティ面の観点から、テレワーク/在宅勤務への移行が難しいとされていたコールセンターにおいても、BCP対策(*1)の一環として、テレワークの活用や、複数拠点での分散運営が推進されています。このような場合、システム面においてCRM(*2)、CTI(*3)などのクラウドサービスを活用して業務を行う必要があります。

在宅オペレーターなども含み、複数拠点でコールセンター業務を行う場合においては情報共有がうまくいかず、パフォーマンスのばらつきや運用の属拠点化が問題となることがあり、業務ルールやナレッジ/ノウハウが独自に形成され、センター運営のやり方・精度、品質に格差が生じやすくなることが課題とされています。

こういった問題を抑制するためには、安易にシステムを導入するのではなく、しっかりとした活用ビジョンを描くことが重要となってきます。

バーチャレクスでは、自社開発ソフトウェアとパートナー企業のソリューションを融合し、長年培ってきたCRM領域のコンサルティングとコールセンター運営ノウハウから、お客様のニーズや課題に合わせた最適な分散/在宅コールセンターシステムの構築をご支援します。

「分散コールセンター・在宅コールセンター システム構築サービス」のメリット

● ニーズや課題、予算により最適なシステム構成を選択可能

スモールスタートで短期間、低コストでの業務開始が可能

● 拠点が増えた場合や災害や有事の際のシステムの切り替えを柔軟かつ迅速に行うことが可能

必要な機能を必要なときにオプションとして追加可能

● クラウドサービスを利用するので、導入後のサポートが充実


「分散コールセンター・在宅コールセンター システム構築サービス」の活用イメージ


be10ef227a6905826412684f0310d27f9993162f.png
顧客の情報やコンタクト履歴を一元管理できるシステムは、バーチャレクスの自社開発CRM群から選択いただけます。

コールセンター向けCRMソフト「inspirX(インスピーリ)」

「inspirX (以下、インスピーリ)」はコールセンターをはじめとした顧客接点における、様々な手段を通じて寄せられるコンタクト履歴を一元管理、顧客の声の蓄積・共有・活用を支援するCRMソフトウェアです。最新バージョンでは、テレワーク/在宅オペレーターのための情報セキュリティ対策と業務効率化を考慮、各オペレーターの業務に応じた情報へのアクセス制御を可能にし、個人情報の漏洩防止と生産性の向上を実現させる機能強化を行いました。

◆製品紹介サイト:

https://inspirx.jp/product/inspirx/


コールセンターCRMサービス「Virtualex iXClouZ(アイエックスクラウズ)」

Virtualex iXClouZ(以下、アイエックスクラウズ)とはコールセンターの顧客対応履歴管理に必要な標準機能を備え、短期間/低コストで利用開始できる月額モデルのCRMクラウドサービスです。スモールスタートで使いたい方、業務へのフィット感を確認してから拡張していきたい方に最適です。最短利用期間1年を過ぎたあとは、継続利用またはインスピーリへの切り替えも可能です。

◆製品紹介サイト:

https://inspirx.jp/v_ixclouz/



尚、アイエックスクラウズは2020年9月末までに新規でご契約いただいたユーザー様に、3か月間の利用料を無償で提供いたします。

https://inspirx.jp/v_ixclouz/campaign2020_01/



サービス詳細・導入、BCP対策、分散拠点、テレワークなどのシステム構築具体例は以下のURLをご覧ください。

◆分散コールセンター・在宅コールセンター システム構築サービス

https://www.virtualex.co.jp/service/distributed-callcenter-system.html


また「危機に備えるあたらしいコンタクトセンターの形、分散型コールセンターソリューション」と題してバーチャレクスの複数拠点、在宅コールセンターに関するコンサルティング、アウトソーシングも含めた包括的なサービス紹介記事も公開しておりますので、こちらも併せてご覧ください。

前編:
https://solution.virtualex.co.jp/2020/06/new-distributed-callcenter-solution.html

後編:
https://solution.virtualex.co.jp/2020/07/new-distributed-callcenter-solution-2.html


*1 BCP(Business Continuity Plan / 事業継続計画)対策とは地震、台風などの自然災害や事故、停電など、想定外の状況下であっても業務への影響を最小限に抑え、事業を継続するための対策です。

*2 CRMとはCustomer Relationship Management(カスタマーリレーションシップマネージメント/ 顧客関係管理)の略。CRMソフトやシステムは顧客情報やそのコンタクト履歴などをまとめて蓄積・管理し、活用が可能。

*3 CTIとはComputer Telephony Integration(コンピューターテレフォニーインテグレーション)の略。コンピューターと電話の機能を統合したテクノロジー。CRMソフトと連携すると、すでに既存顧客として情報登録があれば架電の際に情報をポップアップさせることができる。



【本ニュースリリースに関するお問い合わせ先】
クライアントパートナリング部 TEL: 03-3578-5322
ウェブからのお問い合わせは専用フォームをご利用ください

contact_button.gif