ヒト×テクノロジーでカスタマーサクセスを実現

ニュース

バーチャレクス、OCR3製品の取り扱いを開始~RPA周辺サービス強化で実現可能な業務範囲を拡大~

2019年1月29日


バーチャレクス、OCR3製品の取り扱いを開始

~RPA周辺サービス強化で実現可能な業務範囲を拡大~


 バーチャレクス・コンサルティングはこの度、ABBYYジャパン株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:小原洋、以下、ABBYY社)、AI inside株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:渡久地択、以下、AI inside社)とそれぞれ、AI-OCR製品の取り扱いに関する代理店契約を締結いたしました。また、パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:香田敏行、以下、パナソニック社)のOCR製品についても取り扱いを始めました。バーチャレクスはRPAと同様、OCRについてもマルチリセラーとして、お客様のニーズに合致した最適なソリューションをご提案してまいります。


 バーチャレクスが取り扱いを開始した製品は、以下の3製品になります。


・ABBYY社: 「FlexiCapture(フレキシキャプチャ)」
・AI inside社: 「DX Suite(ディーエックス・スイート)」
・パナソニック社:「帳票OCR」


 RPAは、人間で言うところの「目」となる(AI-)OCRの仕組みと組み合わせることにより、帳票の仕分け、読み取り作業からシステム登録等、シームレスに自動化できる範囲を格段に広げることができます。


OCRフローイメージ.jpg

 OCR利用ニーズと一言でいっても、「AIの機械学習で読み取り精度を向上させたい」、「手書き日本語の読み取りに対応してほしい」、「非定型/準定型帳票にも対応してほしい」、「(逆に)シンプルな定型帳票に、リーズナブルかつ精度高く対応してほしい」等々、その要望は様々なのが実態です。今回バーチャレクスが取り扱いを開始した3製品は、それぞれ異なる特長を有しております。バーチャレクスとしては、各々の特長を踏まえ、例えば、


・AI(ディープラーニング)活用・手書き日本語への対応が必要ならDX Suite
・非定形/準定型帳票への対応が必要ならFlexiCapture
・シンプルに定型帳票への対応なら帳票OCR


といったように、お客様の環境や用途に応じた最適な製品を選定・ご提案いたします。
(詳細はこちら


 なお、バーチャレクスではRPAソフトウェアに関してもUiPath、ipaS、WinActorと3つの製品を扱っており、RPA/OCR製品共に、各ツールの比較特徴や業務特性との相性についての知識・ノウハウを有しております。ツールベースでの販売ではなく、お客様の課題解決とカスタマーサクセスを目的としたコンサルティングの上での製品選択、導入支援を行っているため、マルチベンダーであるからこその、お客様にとって最適な環境を整えるサポートのご提供が可能となります。(詳細はこちら


 また、バーチャレクスはUiPath製品の機能や技術を習熟している「UiPathトレーニング・アソシエイト(TA)」に認定されており、東京・大阪で「UiPath実践型ワークショップ」を定期開催するなど、人材育成にも力を入れています。近日このトレーニングプログラムに、OCRの実践に関するメニューも追加いたします。


UiPath実践型ワークショップ [基礎編] UiPath実践型ワークショップ [応用編] (OCR&Excel編) ※2019年3月開講予定(ご希望の方に、講座詳細が決定した際にお知らせメールをお送りします。登録はこちらから)


ABBYYジャパン株式会社について ABBYYはインテリジェントキャプチャのグローバルリーダーであり、業務改善の実現をテーマに掲げ、情報、データを活用する分野における革新を推進します。ABBYYの提供する広範なAIベースのテクノロジーとソリューションにより、ビジネス文書とコンテンツを真のビジネス価値へと変革します。デジタル・トランスフォーメーションのソリューションを金融サービス、保険、運輸、ヘルスケアやその他業種へ提供し、顧客理解を深め、迅速なリアルタイムなインテリジェント・システムにより、企業を次の成長ステップへと導きます。ABBYYのAIソリューションが持つフレキシビリティにより、カスタマーは幅広い種類の先端テクノロジー、プラットフォーム、ソリューションを活用し、仕分け、テキストアナリティクス、データ抽出、データ検証などを様々な入力チャネル、フォーマットに対して実現することができます。ABBYYのテクノロジーは、数々のグローバル大企業や政府機関のみならず、SMB、個人にも多く利用されております。同社はオーストラリア、カナダ、キプロス、フランス、ドイツ、日本、ロシア、スペイン、台湾、UAE、英国、ウクライナ、米国の各国に拠点があります。


AI inside株式会社について 自社独自のニューラルネットワーク「Neural X」を用いた、生産性向上のためのAIプラットフォーム「DX Suite」の開発・販売、及びAIソリューション開発「LABORATORY AI」を展開しております。主力のAI-OCRは、活字・手書き・FAXなどあらゆる帳票での読み取り精度の高さと誰でもすぐに使える操作性から不動産業、金融業、サービス業などあらゆる業界で300 社以上(2019年1月末時点)の実績があります。


パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社について パナソニック ソリューションテクノロジーは、本格的なICT時代の幕開け前から30年にわたり、IT基盤の設計・構築、ソフトウェア、SIサービスでお客様の業務課題解決につとめてきました。さらには、ICTシステムの設計・構築を起点に、IoT、AI・データ分析、BPOまで分野を広げてきました。OCR技術に関しては、20年以上にわたって開発を行っており、累計1,000万ライセンス以上の出荷実績があります。今後も、さまざまな業界・業務の知見を生かし、お客様の仕事の仕方・プロセスを変革し、成長につなげていきます。


【製品/サービスに関するお問い合わせ先】
RPA導入・活用支援サービス担当
TEL: 03-3578-5321
※ウェブからのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。