ニュース

弊社コンサルタントによる連載第3回が日経コンピュータ2月6号に掲載されました。

佐渡地域医療連携ネットワーク「さどひまわりネット」の要件定義を手掛けた弊社コンサルタント 本園 明史(もとぞの としふみ)の連載「脱出!暗闇プロジェクト-常識破りのマネジメント-」の第3回が日経コンピュータ 2014年2月6日号(2月6日発行)に掲載されました。

IT関連プロジェクトのリーダー向けに、先の見えない「暗闇プロジェクト」でトラブルに陥らないための実践的なヒントやノウハウを紹介しているシリーズも第3弾を迎えました。今回はメンバー追加やモジュール分割、課題管理、品質管理に関わる六つのセオリーを紹介しています。

1. メンバーの追加は“下っ端”が判断する
2. モジュール分割はチームの人間関係で決める
3. 課題解決に劇薬は避ける
4. 品質を後付けしてもよいモジュールを見極める
5. 課題管理は「WBS管理」の流儀で
6. 原因分析を飛ばして課題に対応する

数々の困難なプロジェクトを乗り越えた筆者ならではのノウハウがつめこまれています。

引き続き、ご一読ください!

http://ec.nikkeibp.co.jp/item/backno/NC0853.html

※上記URLからオンライン購入可能です。