• ホーム > 
  • 導入事例 > 
  • 外資系オフィス用品販売企業の通販事業をまるごと受託

導入事例

外資系オフィス用品販売企業の通販事業をまるごと受託

事業見直しのための戦略立案から受注センターの運営、EC通販システム開発までを包括的に支援

コスト削減やBCP対策といった目的もあり、短期間で首都圏から地方に受注センターを移動し、業務を再開しました。更にはクライアント企業の業務内容にあったシステムの開発・導入でデータ分析に必要な顧客情報基盤を構築、弊社コンサルティング、アウトソーシング、テクノロジーの各サービス部門が三位一体となり、包括的な支援を実現しました。

クライアント情報 外資系オフィス用品販売企業
【適用業務】通販事業の立ち上げからBPOセンターの運営まで
【適用チャネル】電話、FAX
クライアントの
課題・要望
  • 事業全体でのコスト削減
  • 首都圏全体から地方への受注センターの移転
  • 国産パッケージをベースとしたCRMおよび通販システムによる顧客管理情報、販売情報の蓄積
  • 蓄積情報の活用
提供サービス/
改善アクション
  • 事業見直しのための戦略立案
  • 地方センター立ち上げのフォロー
    ・各種KPIの分析/フィードバック
    ・応対品質の維持
    ・業務内容やシステムの利用の仕方等の教育
  • 顧客応対履歴管理、受発注管理、在庫管理を含むシステム要件定義と実際の開発
クライアント
への貢献結果
  • 短期間(約3ヶ月)にて100席の地方拠点コールセンターを立ち上げ
  • 自社で要員を確保せずとも、中枢機能を強化でき、かつナレッジを自社内にて蓄積し、他部門へ展開し、会社全体のコストを削減
  • サービスのコンセプトに沿ったQA評価シートの作成

受託した通販業務イメージ

クライアント企業・団体名
一覧