バーチャレクス・コンサルティング株式会社

顧客をきめ細かく把握し事業活動に反映させる時代

いつの時代にも、事業活動には必ずお客様の存在 があります。店舗や対面営業などのリアルな接点から、ネットやコンタクトセンター等の間接的な接点も当たり前の時代となり、 また顧客ニーズもより多様化した時代へと進化し、細かく顧客を把握しスピーディーに事業活動に反映させる仕組みで運営する必要がある時代になりました。

新しいコンサルティングのあり方

こうした時代背景がある中で、これまでのコンサルティングのあり方も変化していかなくてはなりません。問題課題の把握や改革アプローチの検討などの上流工程については、中立的な立場で検討するコンサルティングも大事ではありますが、それよりも上流で描いたことをしっかりとスピーディに実現・実行しなくては意味がありません。我々は、新しいコンサルティングの姿として、企画段階から仕組みの構築、および業務実行までを責任持ってクライアントに結果を持って提供することを当社の事業コンセプトとしています。

社会貢献活動

ビジネス活動は、社会貢献活動といっても過言ではありません。経済活動における消費者・企業・働く人が満足するビジネスのあり方を創造し続けることで、より良い社会作りに貢献して行こうと考えています。また、当社が21世紀の企業モデルとして進化し続けて行きたいと考えています。

コアサービス

  • 企業が必要としている顧客視点での変革の思考、変革の構築、変革の実行を常に本質に迫ってクライアントと共に追及、進化させることを事業としています。
  • 変革を実現するためには、正しい方向性を見極めるところから始まります。また、多くの変革には技術の適用が必要となり、変革の実行力も求められます。
  • 我々は、それらを具現化するために、コンサルティング、テクノロジー、アウトソーシングの3つのコアスキルを融合し、商品やサービスを提供しています。
3つのコアスキル

コアサービスの融合と関連多角化

設立以来コンタクトセンターを中心として事業展開してきた約10年。この10年で培ったノウハウを融合したサービスや、さらに進化させた新たな商品やサービスへと多角化し、より広範囲に関係深くクライアントの事業に貢献するステージに挑戦しています。

【融合展開】

  • 従来のコンタクトセンターへの個々のソリューションをさらに進化させ、ワンストップサービスとして融合させて提供
  • 流通、金融、通信、サービス等の一般的なコンタクトセンターから、医療、メーカー、情報産業等に向けて、コンタクトセンターモデルの応用展開を開始
  • コンタクトセンター領域以外にもノウハウの展開が可能な業務領域へと拡大

コアサービスの融合展開と関連多角化

【関連多角化】

  • 顧客管理領域をテーマとしたコンサルティングから、これまでの経験を生かしやすい基幹業務まで対象を拡大し、クライアントの投資効率をさらに高めると同時に、より親密なクライアントとの関係となるサービス
  • 当社の事業としている製品開発や、サービス開発のノウハウ/方法論または事業基盤をクライアントに提供できるようサービス化